4/19(土) 最近の世事
 ‐子供に見せたくない番組。首位はクレヨンしんちゃん‐



 PTAのクソババァがどの面下げてというとこですかねぇ。本当にもぅ。やんちゃな子供には、下ネタが飛び交う位が一番良いんですよ。

 あんま規制し過ぎると、宮崎さんちの勤君とか。某、古●タンみたいなぁ。何か勘違いしている人々の育成にも繋がってしまうわけですし。


 むしろ、まぐわって生殖して子供生んでるあんた等がどの面下げて下ネタ批判だ?。男根生やして出直してこい、この(検閲!)。



 聞かせたくない音楽の一位は、絶対「へビーメタル」で。聞かせたい洋楽は、良識ッ娘。がマンセーしてるビートルズだよなぁと、出来レースの様な想像を張り巡らす最近です。

 むしろ、出番取られまくりですがな(ため息)。

告知とか。

(4/19)


めもっぽい?
(2ch HR/HM板)

噂のポルカ・メタルバンド フィントロール! 

 ものごっついですよ。思わずアルバム買いました・・ハァハァ。残念ながら逝ってしまわれた創設メンバーのGの冥福を祈ります。

【神々の】VIKING METAL〜二度目の遠征【黄昏】
 ヴァイキングメタル。一度その世界にはまってしまうと、脱出は容易ではない・・・乱れとぶ勇ましき音と、誇り高き思想。
そして自然界の神々を崇める、揺ぎ無き信念。正にヘヴィメタルの精神を、完膚無きまでに体現してるといえるでしょう。


おたより募集中です。



 | 過去ログ | 敵ッ娘。  |   本家  |  テキスレ  |  青いの  |首輪タソ|  玉袋(イエタソ)  |  リンク  |

TALK FOR FREEDOM
4/19 ツインザム
 敵ッ娘。の最右翼、鋼乙女ヴァルキュリアを夢見、メタルを小馬鹿にしまくる、某見切り発車VNIと日々闘う(予定の)羅刹玉袋、略してカストラートのカッチャンですよ、男魂!男魂!。


 そんな事より聞いてくださいよ。こないだバンドで池袋のスタジオ行ったんですよ。まだできたばっかで綺麗。ついでにアンプも初めてマーシャル以外のがおいてありましたよ。


ついでに、受付のねーちゃんは綺麗だし、説明丁寧だし・・ハァハァ。


 と、練習終えて受け付けでうだうだしてると、いかにも「お洒落な感じ」の軟弱な野郎共がほざいてました。「最近の日本じゃ、スラッシュ(メタル)なんか全然やってるやついないよなー(藁)。」


 ・・・・こいつら、世の中舐めてますか?。むしろメタル舐めてますか?。新宿アンティノック(ライヴハウス)では、盛んにスラッシュサンクチュアリなる、スラッシュ勢を集めたイベントが開催されて、KING‘S EVIL等が海外でも高い評価を受けているっつうのに。


 果ては、テレビに映っているのは、スラッシュ・・じゃないけど、UNITED。さらには、関西スラッシュの雄、GRIM FORSEまで。昨年末にDUELが出たスラッシュイベントで見ますよハァハァ・・・。

 全く、どいつもこいつも、メタル馬鹿にしやがって。っていうか、何が「日本のスラッシュは終わってるね」だこのヴォケ!。




 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 一体何処に突っ込んだら良いんでしょうか(汗)っていうか何の説明も無いままに出てきたので、説明しておいた方が良いんでしょうか。とりあえず、彼女はさしずめ私の双子の姉という事にしといてください(今んとこ)。


 ほんとは、内なる人格とかね、色々大人の事情があるはずなんですよ。なんせ、アイコン数もないんでこうやるしかないんで、彼女もちょくちょく出てくると思うので、皆さんよろしくやってくださいな。

 主に私は清純派ぶっていく事になりかねないので・・・、例えばポニーテールとハイソックスの似合う、品川女学●の女子高生みたいな具合で。


おたより紹介
  CDレヴューいつも楽しみにしてます!。ところで秋葉原のメイド喫茶に、毎回の如くメタルTシャツを着てたり、ランディVを担いでくる客がいるんですが、アレは一体何なんですか?同じ人間としてとても恥ずかしいと思ってます。幾等秋葉原とはいえ・・。
HN :母ちゃん見てる!? さんからのおたより



 今回も整理中のログから、過去に貰ったお便りを紹介します。

 


 

 秋葉原で、「その手の店」というと3件歩度るんですが、「メイド喫茶」と限定する事から、恐らくは老舗の「キュア メイド カフェ」でしょうね。

 私も見た事ありますね。グレイヴディガ−やブラインドガ−ディアンのTシャツを普段着の様に着こなし、ジャクソン製のランディV背負ってる客・・・。



 一人だったり、女連れだったり、ベース担いでる奴など、色々なシチュエーションで見てますが、まだ幼さの残る少女の前に、メタルのCDを積み上げたり、メタル関連のCDガイドをおいて、さも熱心に「ヘヴィメタル」について伝授してましたね。話を聞く限りバンドの新しいボーカルらしいですけど。



 恥ずかしいというのは、はっきりいって脳腐の言葉です。オタクとバンドマンの街秋葉原において、メタラーの一人や二人、当然です。ましてやバンドマンの殆どがオタクであるという、定説を肯定する生き様。メタルを小馬鹿にする知恵(検閲)共、負け犬共も是非見習って欲しいものです。


 私がやったワケじゃないですけど「中身」曰く、「札幌雪祭り(夜)でメタルTシャツ一枚+Gパンで記念撮影したら死んだ」との事です。アホですね。


 そんなんだから、新しくバンドメンバー揃っても相変わらず開店休業状態なんでしょう。






 あのー・・・・台詞全部取られてんですが、どうすれば良いですか?。

 まぁー・・・気取り直して、本オープン後、最初のお便りが届いたので、紹介します。

  羅刹さんとイエテボリさんの守備範囲がよくわかりません。イエテボリさんがデス、ゴシック。羅刹さんがその他って感じなんですか?
HN :kenjiさん からのおたより



  守備範囲は、まぁ御察する通りという感じです。イエちゃんの方は、ゴス・デス・ブラック・グラインドコア等。比較的玄人好みのメタルが主です。

 逆に私の方では、正統派〜国内及びインディー系メタルシーン。あとは、年齢の割に、時代錯誤的に80年代の、一番脂が乗ってる頃のバンド群やらですかね。


 とりあえずは、イエちゃんの範囲外=私の担当範囲と思ってもらって構いませんよ。


 たまにメロデス・ブラック(ヴァイキング系)にも手伸ばしたりしますです。メインで聞いてる音楽が、そのまま守備範囲という感じでしょうか。


 まぁ、どどのつまりどう足掻いてもアナルから脳髄までメタルがみっちりと・・・そういうワケだ。鋼鉄魂!鋼鉄魂!。


 
 はぁ〜・・・(一応)女の子なんだから、もうちょい表現に気をつけた方がとか、思ったり思わなかったり。漢魂!漢魂!。




玉袋のXXX大爆発!
4/19 ヘビメタじゃねぇ!へヴィメタルだ 第8回「METAL FIGHTER SQUADRON 」
 
恩着せがましいメタルアルバムレヴューです「マイナーなバンド」とかいわれてますけど、馬鹿にしないで聞けって感じです・・。


                    
               METAL FIGHTER SQUADRON/AIMNIG HIGH(98・日)
                


 再び音楽数珠繋ぎといわんばかりに・・・。今回紹介するのは、日本が誇る鋼の挺身防衛隊。正統派メロディックパワーメタルバンド、エイミング ハイ!。詳しい紹介とかは、前回のDUELでやりすぎたんで、今回はコンパクトにまとめてきます。とりあえずは、長い歴史を持つ大ベテランバンドです。


 前回紹介したDUELが、ジャケットが表す通り、泥臭い、血なまぐさい戦場を、荒々しく突進戦車のようなサウンドや世界観とすれば、AIMING HIGHはその対極。


 ジャケットが表す通り、空を華麗に舞う戦闘機という所でしょう。ライヴ等でみてきた限り、比較的女性ファンも多い気がしますね(DUELと比べ)。


 サウンドはアイアンセイヴァーを彷彿とさせる感じでしょうか。パワー・スピードに加え、キャッチーなコーラス。そして狂おしいくらい愛しいメロディライン。


 DUEL同様映画からインスパイアされた曲や、果ては日本が誇る特撮の雄。「地獄の底から蘇る悪魔の化身」アイア●キングがテーマの曲まで(2ndに収録)。そういう辺りでも、DUELと対極を成すような位置付けを感じさせます。

 

 どちらも、男の魂を嫌が応にも奮い立たせてくれる困ったちゃんですが。





 では早速聞いてみましょう


 離陸前の戦闘機の効果音から始まる、題曲 METAL FIGHTER SQUADRON。しょっぱなから疾走感前回で、心地良いサウンドを貴方の脳髄へ。


 Vo&Bの川口氏の甘ったる気な英語Voもエイハイらしさでしょう。サビのコーラスはライブで合唱必死。



 二曲目。いきなり来た!悶絶のヒロイックアンセム。「THE DARK MAN」。ゾンビで御馴染みの、サム・ライミ監督のヒーロー映画「ダークマン」が元ネタの曲です。人口の皮膚を纏い誰にでも変身し、仮面の下に姿を隠し、闇の中で闘うヒーロー、ダークマン。

 
 決して太陽の下で姿を晒す事はできない、ダークサイドヒーロー。そんな哀愁を感じさせるソロの展開や、目頭が熱くなってしょうがない、これまたキャッチーなサビコーラスも、虹色の液体を噴出しそうな位に悶える事でしょう。


 
 最初のこのバンドを知ったのが、バンドをゃってる知り合いに「アニメタルが好きなら絶対に気に入るはず!」といわれ、ライヴを見て現在に到ります。


 この3曲目、NO TURNING BUCKもまた、哀愁を感じさせる強烈なヒロイックアンセムでしょう。やはり、物悲しくも勇ましいメロディは、屍忌蛇節にも似た雰囲気をもちつつも、別ベクトルで中々の消化具合をみせています。変に垢抜けてないのが、また魅力というか、インディー系らしいというか。

 


 7曲目。イントロでアイアンセイヴァーっぽさを押し出しつつも、正統派メタル的要素や、タンクの影響をぶんまわしてイントロが爆進する、ステキな疾走インストゥナンバー、HERO IN SOLITUDE。ソロの移り代わりや、ツボを得たは曲展開やはり流石の一言です。



 むしろメイデン風味満載で、ルーツを根強く主張。転調からのソロもまたイカス。っていうか、燃える・たぎる・(男)咽び泣く。←この手の表現大好きだよなぁ。




 インストを挟んだ、怒涛のクライマックス。LASER SNIPER。疾走!疾走!また疾走。最早説明不要のメイデンの名曲、ACES HIGHを下地にし、大和魂で叩きつけた入魂至極の一曲!。サビの後に続く「オーオ オオオオー♪オーオーオオーオーオーオー♪」のコーラスも熱い。


 何よりも、曲の最後に待ち受ける爆発音と戦闘機の音が、B級さ加減を極限までに高めて、最早メタルマニア達のの魂には、言葉にも耐え難い、素晴らしき昂揚感が!。まるで絶頂の快感の如く!。






<評価>
B級さ・・★★★★☆
ヒロイック・・★★★★★
哀愁・・・★★★★☆
疾走感・★★★☆☆
総評・・★★★☆☆


<一言>

 初心者に薦めるといえば、やっぱラプソディや、ソナタなど。いわゆる所の「メロスピ」が多いんですが、このエイハイも聞き易く、ノリ易く。男女問わず手軽に楽しめるんじゃないでしょうかね?。

 何より重要なのは、日本産でもここまでの物ができるという、一つの指針を叩きつける、好盤。頭でっかちなメロスピ厨共にも。おばぁちゃんやおじいちゃんにも是非!。


 一般のCD屋にはあんまおいてないので、HPの通販とか、AMAZON・あとはメタル系専門店の方が手に入れ易いですな。

NEXT→。


リンク集&おしらせ
おしらせ
おたより募集中です。
リンク集
★バンドオフィシャル(国内)
ANTHEM/陰陽座/DUEL/BRIDGE OF TEARS/AIMING HIGH
蛸殴総本山/OUTRAGE/聖飢魔U/LOUDNESS
BLOOD STAIN CHILD/Mandylion/CORAL/BLASDEAD/
MargeLitch/MASTER MIND/SIEG FREED/CODE RED

★バンドオフィシャル(海外/英語)
★CD屋さん
DISC HEAVEN/ DISC HELL/
★ライヴハウス
★ステキメタルサイト
めーるふぉーむ
 メールフォーム。

敵ッ娘に励ましのおたよりを出そう。


 

@敵ッ娘。
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO